山本小鉄さんの低酸素性脳症

| コメント(0) | トラックバック(0)
山本小鉄さんが低酸素性脳症で逝ってしまったとニュース、衝撃的でした。

独特なキャラクターと、何より、170cmというレスラーとしては小柄ながら、あれほど強く、また、あれほどプロレスファンを魅了した方はいないでしょう。

山本小鉄さんをおそった低酸素性脳症。

山本小鉄さんファンの方も、この低酸素性脳症というのが気になると想います。

低酸素性脳症を調べてみました。
低酸素脳症には,、組織への血流量の低下(虚血)と,血液の酸素運搬能の低下(低酸素血症)の2つの病態が混在していることが多いそうです。

つまり、脳に血液を運ぶ力が衰えてしまい、結果、脳へ酸素がいかなくなってしまうというのが低酸素性脳症ということです。

結構以前から療養されていたニュースも見たことがあります。

鉄人山本小鉄さんでも、いや、鉄人山本小鉄さんだからこそここまで来れたのでしょう。

低酸素脳症という言葉も忘れることはないでしょう。

低酸素脳症についてもっと詳細をお知りになりたい方は、是非チェックしてみてください。

広告

山本小鉄さんの低酸素性脳症へトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/245

山本小鉄さんの低酸素性脳症へコメントする