口蹄疫(こうていえき)とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
口蹄疫(こうていえき)というのはご存知でしょうか?

狂牛病という、牛や家畜に感染する病気を聞いたことがあるかと思いますが、

それらと同じような感染病が、口蹄疫です。

こちらの口蹄疫が韓国で8年ぶりに感染が確認されたそうです。

口蹄疫について調べてみました。
口蹄疫(こうていえき)とは、牛・豚・山羊など「偶蹄類」の動物がかかる急性伝染病です。

感染すれば致死率は50~55%に達する、厄介な感染病とのこと。

そして伝染の速度が速く、国際獣疫事務局(OIE)によると、「最も危険な家畜伝染病」に分類しているそうです。

しかし、人が感染した例はないということなのであしからず。

今回、口蹄疫(こうていえき)のことを書きましたが、いたずらに不安になるのも問題です。

口蹄疫がどんなものなのか、きちんと調べて冷静な判断を取れると一番いいですよね。

口蹄疫について、もっと詳しく解説してくれている公共機関などのサイトもありますので、

気になった方は口蹄疫を調べてみて頂きたいと思います。

広告

口蹄疫(こうていえき)とはへトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/228

口蹄疫(こうていえき)とはへコメントする