骨セメント治療とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
骨セメント治療という治療法をご存知でしょうか?

骨粗鬆症に伴う脊椎の圧迫骨折や、骨腫瘍による脊椎圧迫骨折による疼痛に対して、骨セメントを椎骨に注入することによって、劇的に痛みを改善できる治療法です。

以前までは、脊椎の圧迫骨折や脊椎圧迫骨折による疼痛による痛みは、強みの痛み止め薬を飲んだり、またはコルセットなどをしての治療でしたが、現実はとても痛くて、立ったり座ったりでもすごく痛い。

そこで生まれた画期的な治療法が骨セメント治療です。
脊椎の圧迫骨折や脊椎圧迫骨折による疼痛は、特にお年寄りの方などは骨粗しょう症により骨が弱くなることから脊椎圧迫骨折になるケースが多く、多くの方がこの痛みを何とか治療したいと思っています。

そこで登場した治療法が骨セメント治療です。

骨セメントとは医療用の特殊な接着剤のようなものです。

この骨セメント治療の手術は、とても簡単に行える手術で、皮膚をほとんど切ることなく、時間も1時間ほどで終わることが多く、体の負担も少ない有効な手術です。

骨セメント治療は手術前の検査を含めて、1週間から2週間の入院が必要となりますが、それ以降は普通に食事を取れたり歩くことも可能なんだそうです。

気になる骨セメント治療の費用に関してですが、骨セメント治療は現在のところ保険が適用されない治療法と言うことで、手術費用はおよそ28万円程かかるそうです。

保険が適用されない治療法というところが残念ですが、骨セメント治療歯とても魅力的な治療法であることは言えると思います。

脊椎の圧迫骨折や脊椎圧迫骨折の治療法を探している方、脊椎の圧迫骨折や脊椎圧迫骨折にお悩みの方は、是非骨セメント治療をチェックしてみてください。

広告

骨セメント治療とはへトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/194

骨セメント治療とはへコメントする