女性の手相の見方

| コメント(0) | トラックバック(0)
さて、手相占いが好きな方、手相占いに興味をお持ちの方が沢山いらっしゃると思います。

手相って本当に当たりますよね~。

歴史に裏づけされた正統法の占いですもんね。

そして手相占いのいいところは、自分の努力で手相を変えることによって、自分の運気まで変えることができるところです!

例えば結婚や子宝、彼氏ができる線とか、幸せになれる手相があったとしたら、のそ線を手のひらに努力で刻むことによって、運気まで運んできてくれます。

さてそんな素晴らしい手相ですが、男性の手相の見方・女性の手相の見方が若干違うところがあります。

右手・左手、女性の方はどっちの手のひらの手相を見ればよいのか迷う方mのいらっしゃると思います。

と、いうことで、今回は女性の手相の見方、女性の方が手相を見る時の見方を調べましたのでご紹介したいと思います。
女性の手相の見方で一番大事になるのは、右手・左手、どちらを見ればいいのか?という疑問をもたれている方が多いとは思いますが、実は、これには明確な答えがないのが現状です。

手相占いを得意とする方、または手相の流派等によって様々存在し、、利き手で見るという場合や、左手が未来で右手が過去を表すとする場合、女性は左手で男性は右手を見るなど様々あります。

しかし、手相学の過去のデータを総合すると、右手には後天的なものや相手に与える影響などが現れ、左手には先天的なものや相手から授かったものが現れると言われています。

手相を判断する場合は、右の手、左の手の両方の手を総合的に見るのが望ましいといえます。

また、各手相の流派によって違いますので、その世相の流派にあった手相をみて、その手相占いが当たっているかどうかを見極めた方がいいかもしれません。

さて、一番知りたかったことが、結局は総合的に判断という結論になってしまって、スッキリしない方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、一番重要なことは、この手相学・手相が数千年の歴史を経て、今尚語り継がれ、現代においても手相占いがここまで人気があるということは、歴史的に見てもすごいことなのです。

時代が移り変わり、捨て去られしまったものは沢山あります。

しかしこの手相学・手相は残っています。

それほど手相占いが人々に指示をされている=手相占いがあたるからこそ残っているわけです。

日常生活にうまく占いを利用して、素敵な毎日が送れるための一つのツールとして占いを使って行きたいですねd

手相の他にも、占星術や易学、四柱推命や動物占いまで、沢山の占いがありますので、自分に合った占いを探して楽しんじゃいましょう!

広告

女性の手相の見方へトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/184

女性の手相の見方へコメントする