リコーGR DIGITAL IIIに魅せられて...

| コメント(0) | トラックバック(0)
リコーから新たに登場した、GR DIGITAL の新機種コンパクトデジタルカメラ、『GR DIGITAL III』。

リコーのデジカメファン、コンデジファンの方や、銀塩時代のGRシリーズを愛した方、さらには既にGR DIGITAL ⅡやGR DIGITALを使用していた方などにとっては『GR DIGITAL III』の登場を楽しみにしていたのではないでしょうか?

リコーGR DIGITALって、画質もシャープできりっとしていて、外観もシンプルでモダンな感じでかっこいい。

さらにリコーGR DIGITAL製品は常に他のコンパクトデジカメでは考えられない、単焦点レンズを搭載し続けた、まさに写真や絵を大事にするような、愚直なまでのカメラですよね。
さて、新たに登場したリコーGR DIGITAL IIIの、私が感じた魅力をつらつらと書きたいと思います。

まずは外観。文句なしの渋い外観。リコーGR DIGITALシリーズを引き継ぎました。

本当にリコーGR DIGITALの外観ってかっこいいですよね~。

見た目の範囲になるので、いろいろなご意見があるかと思うのですが、リコーGR DIGITALの生真面目で質実剛健な雰囲気はやっぱり他社にはありません。

GR DIGITAL IIIの有効画素はCCD1000万画素。1000画素あればもう十分ですよね。最近は画素数競争が終わりを迎えつつあることで、これは私達デジタルカメラファンには嬉しいですよね。

焦点距離は35ミリ換算で28ミリ。広角でスナップ写真や風景画像なんかにももってこいです。

レンズF値はF1.9-9。さすがリコーGR DIGITALのレンズは明るいです。少しくらいの暗さなんかレンズでカバーしてしまいます。

もちろんシャッターを使う手もあるとは思いますが、街中で気軽に使うのがコンパクトデジカメなのに、街中などでシャッターをパチパチやりたくないですよね。

出来上がる写真画像もナチュラルな自然の色になるので、こういった明るいレンズを搭載してくれるのは本当にありがたいです。

そして撮影距離は約30センチ~∞、しかしマクロモード時は約1センチ~∞まで寄れます。

私はマクロ撮影はあまりしないのですが、ブログの写真に載せる写真とか日常写真が多いので、なんだかんだでお世話になっているかもしれません。

被写体とカメラが近すぎて、ズームが迷うこともなく、画もぶれません。撮りたい物を撮れないカメラなんてカメラじゃないですからね。マクロ撮影にも対応しているのもかなり重要だと思います。

嗚呼、リコーGR DIGITAL III素敵です。

よく巷で聞く、リコーのデジカメ、GR DIGITALシリーズはファームアップが多い=だめなカメラとてんで勘違いを起こしている方がいらっしゃいますが、違います。

リコーGR DIGITALは常に進化をする。古くなったら買い換えるではなく、大事なカメラ、大事にして欲しいカメラ、そしてユーザーへ最もニーズの高い機能をできるだけファームアップを迅速にし、素晴らしいデジカメライフを送れるようにとの配慮でもあるんです。

ここがリコーGR DIGITALの好きなところでもあります。

リコーGR DIGITAL IIIのことが気になってこの記事を見ている方が多いかと思います。

もちろんたくさんのデジタルカメラを提供しているメーカーさんがあるので、またユーザーにとってデジカメで実現したいこととの相性があるので、すべての方にリコーGR DIGITAL IIIがおすすめです!なんてことはいいたくありません。

是非、お店で実際に手にとってリコーGR DIGITAL IIIを体感してくれればと思います。

個人的にリコーGR DIGITAL IIIオススメなんですけどねー!(笑)

リコーGR DIGITAL IIIは通販サイトでもたくさん売っていると思いますので、尾根ガンのお安いところを探すと、本当にお安いお値段で手に入りますので、是非面倒くさがらずにチェックしてみて下さいねd

皆さんが素晴らしいデジカメライフを送れますように!!!

広告

リコーGR DIGITAL IIIに魅せられて...へトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/164

リコーGR DIGITAL IIIに魅せられて...へコメントする