デメロールとは

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日世界のスーパースター、マイケルジャクソンが突然急死となってしまいました。

その死因・原因というのが、『デメロール』という薬物ではないかというのが濃厚らしい。

『デメロール』という薬物名は、マイケルジャクソン本人の歌にも登場していたこともある薬物の名前。

『デメロール』とはいったいどういうような薬物なのか。見て行きたいと思います。

『デメロール』とは鎮痛剤の薬物で、塩酸ペチジン注射液のことだそうです。

この『デメロール』=塩酸ペチジン注射液の効能や効果は下記のようなのがあります。

 1.激しい疼痛時における鎮痛・鎮静・鎮痙。
2.麻酔前投薬。
3.麻酔補助。
4.無痛分娩。

副作用としては、呼吸抑制があるとされ、この『デメロール』=塩酸ペチジン注射液を大量摂取してしまうと呼吸困難などの恐れがあることです。

今回マイケルジャクソンはこの鎮痛剤『デメロール』=塩酸ペチジン注射液を常時使っていたみたいですよね。

デメロールは繰り返し使用すると効き目がだんだんなくなっていき、それでも鎮痛したいからと、デメロール依存のような形になってしまっていたのではという話があります。

デメロールなどの過剰摂取などの鎮痛薬中毒には、急性と慢性があって、急性中毒は大量の薬を飲むことで、昏睡、呼吸抑制、血圧低下を起こし、最悪の事態が起こるんだそうです。

副作用が強いので、もしかしたら、このデメロールの摂取による事故的なものだったのかもしれませんね。

時間が経つにつれて、デメロールのことや、マイケルジャクソンの死の原因などもあらわになってくるでしょう。

広告

デメロールとはへトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/86

デメロールとはへコメントする