東国原総理×自民党×騙される国民

| コメント(0) | トラックバック(0)
自民党古賀誠選挙対策委員長から衆院選への出馬を要請された宮崎県の東国原英夫知事が「総裁候補となることを条件に、宮崎のため、地方のため、私は国に行く」と出馬への意欲を見せた。

自民党員からは東国原英夫知事に対して『じょうだんでしょ』とか『頭を冷やして』とちゃちを入れ、東国原英夫知事も応戦し『そういう方こそ一度下野して頭を冷やしてくださいと』じょう舌戦が始まっている。

この報道を見た国民はどう思っているのだろうか。

まずはこの報道で自民党関係の報道が増えて物理的に自民党と東国原英夫知事の映像が多く流れている。

そしてこの報道を目にした国民も『東国原英夫が頑張るなら自民党に投票してもいい』という人も出てくるかもしれない。。。

騙されるな国民よ。冷静に考えて欲しい。何故こうなったかを。

東国原英夫のメリット1

まず、なぜ宮崎県の東国原英夫知事が『総理候補としてなら』といった発言をしたか。

これは東国原英夫知事が知事を辞任し県政を辞退する際の宮崎県民の感情を収める為にある。

ただ国政に出たいというのであれば、途中で県政を投げ出したという県民感情が多く発生するだろう。当然イメージも悪くなるし、敵も増える。

しかし、総理大臣というトップを目指すことを匂わすことで、我が宮崎県からの総理大臣誕生とか、我が県知事の東国原がトップに立つのなら誇り高いしすごいことだから、途中辞任にも目をつぶってやろうか、そんな感情になる。

県知事を辞めて国政に出るときのその宮崎県民感情を抑えるための方法として『総理候補』という発言がある。


東国原英夫のメリット2

東国原英夫も宮崎県の為を思ってやっているところもある。

宮崎県の政治においてネックになっている、高速道路の設置について、自民党に付くことが最良の選択だと踏んだ。

衆院選への出馬を要請をした自民党の古賀誠選挙対策委員長。

既にお気づきかと思うが、道路族のドンと呼ばれているのが古賀誠だ。

東国原英夫もここで自民党・古賀に菓子を作ることで、お返しに高速道路を、というおもわくだ。

これはある意味宮崎県民のことを考えた選択といえる。


自民党のメリット

元々メディアで露出が高い東国原英夫を囲むことによって、国政に出るかどうかは別として、自民党への国民の期待を取り戻すことができる。

そして単純にメディアに多く露出できるので、相当の自民党の宣伝になる。

もちろん自民党内でも賛否両論あり混乱しているが、これも一つのパフォーマンスとして捕らえれば、視聴率の取れるような図式である。

じょう舌戦も視聴率を高めるため、東国原英夫に頑張って欲しい、東国原英夫に勝ってほしいと思わせるためのパフォーマンスとしては最高だ。

解散後の首相候補・総理大臣候補として東国原英夫が入っているから、東国原英夫総理大臣の実現に期待する国民の票を取り入れることができる=自民党の票が増える。


では、国民のメリットは?

何もない。

そもそもおかしな政治構造になっているのは、総理大臣が誰なのかという話では全くない。

自民党が長く政権を取ってきたことによる『膿』が、国民の最大の敵なのだ。

総理大臣が誰だ、東国原英夫だ、などの個人の話ではなく、『政権政党』が大事なのだ。

それをすっ飛ばして、一時期のマスコミから垂れ流されるパフォーマンスに興奮し踊らされて自民党を支持するのは馬鹿げてるといっても過言ではないだろう。

自民党が長く政権を取ってきたことによる『膿』を甘んじて受けながらもメリットがあると判断するなら自民党支持でもいいだろう。


東国原総理×自民党×騙される国民

こんな図式にはなってほしくはない。

広告

東国原総理×自民党×騙される国民へトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/82

東国原総理×自民党×騙される国民へコメントする