裁判員制度開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
さて、本日21日より、私達国民が刑事事件を裁判官とともに審理し、判決を出す裁判員制度が始ます。

社会常識の反映と信頼向上が最大の目的の裁判員制度。

裁判員制度については、専門家や一般国民などからも賛否両論あった制度。


裁判員制度で、私達が人を裁く立場になるわけですよね。。。

現在の裁判では国民感情が反映されていないと言うことなんでしょうかね。。。

個人的意見ですが、国民感情と法律は、やっぱり分けなきゃあかんですよ。

当事者は怒ってしかるべきですが、当事者以外のテレビで事件を見ている国民の感情は、やっぱり司法に持ち込むのは危険ですよ。

最大の問題は、私達法律の素人が、感情論で事件を判断してしまわないかという不安。

かといって、現状の裁判では、裁判官が司法の立場なはず、法律で判断しなければいけない立場でありながら、

自分の身の保身などを考えて、テレビを見て国民の感情を学習し、それを判決に加味してしまっている...なんて話も聞きます。

しかも今回の裁判員制度で我々一般国民が介入するのは、殺人や強盗致死傷などの重大事件。

被告人の人生を変えるかもしれないという場所。

もしかしたら、私のところにも、あなたのところにも、裁判員候補者名簿記載通知書が来る日があるかもしれません。

広告

裁判員制度開始へトラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.knowledge-web.net/admin/mt-tb.cgi/7

裁判員制度開始へコメントする